BLOG

筋力がついた!と筋肉が大きくなった!の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは😊

KOKACAREゼロスタートトレーナーの竹内優子です。

今日は「筋肉がつく」ということについてのお話しです。

 

よくお客様から

「筋肉をつけたいんです」

こういわれることがあります。

筋肉をつけるって皆さんどんなイメージですか??

ムキムキになる?

腹筋が割れる?

疲れにくくなる

色々なイメージがあると思いますが、一般的に「筋肉がつく」というと「筋肉が肥大化する」ということとイコールで結ばれることが多いと思います。

しかし、実は筋肉が大きく太くなったことと(筋肥大)と重いものが持ち上げれるようになった(筋力アップ)とは、トレーニング方法などにも違いがあるんです。

今回はこの違いについてです!!

 

■筋力アップと筋肥大の違い

筋肥大

筋肥大とは、筋肉が大きく太くなっていくことです。ボディービルダーをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

女性でも、やせて健康的な身体を作るためには、筋肉を肥大化させることは大切ですね。(特にお尻回りなど)

筋肉を肥大化させるためには、筋肉に大きな負荷をかけ、筋肉は筋線維が束になって形をなしています。

その筋肉に大きな負荷をかけることで、成長ホルモンの分泌を促し、超回復によって筋肉を大きくしていきます。

筋線維一本一本を、短いインターバルで追い込んでいく感覚です。

<肥大化のためのトレーニング>

10回できるギリギリの筋トレを3セット

インターバル:約1分

インターバルは短く、筋肉を追い込んでいくトレーニングが肥大化のためのトレーニングです。

 

筋力アップ

筋力アップ、これは簡単に言うと「どれだけ重いものが持ち上げられるか」ということです。

重量挙げをイメージしてもらうといいでしょう。

この筋力アップというのは、筋肉の肥大化と似ているようで、違います。

筋力アップに+α必要になってくるのは、脳神経です。つまり、脳から筋肉を動かす命令を出し、その命令がスムーズに作用することによって筋力アップにつながるのです。

例えば、筋トレを始めたばかりの時に、筋肉は大きくなっていないのに、最初よりも重いものが持ち上げられるようになったというのは、脳神経の発達にもよるものなのです。

そして、筋肉の肥大化によって、筋力のアップはしやすくなると言われています。

<筋力アップのためのトレーニング>

8回できるギリギリの筋トレを1~3セット

インターバル:約4分

筋肉の肥大化トレーニングよりも、より重い負荷で集中して行っていくことが大事になってきます。

 

健康的な身体になるためには、筋肉の肥大化も、筋力アップも両方とも大切なものになりますが、それぞれの違いを理解することで、より効果にトレーニングすることが出来るでしょう!

皆さんも是非やってみて下さいね♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

大須スタジオ

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
×
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2019年11月

最近の記事

PAGE TOP