BLOG

KOKACAREストレッチの秘密~筋肉の緊張をとる~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは😊

KOKACAREゼロスタートトレーナーの竹内優子です。

今日はKOKACAREのストレッチの秘密第3弾です!!

第1弾はこちら(KOKACAREストレッチの秘密~筋肉を整える~

第2弾はこちら(KOKACAREストレッチの秘密~自律神経を整える~

 

KOKACAREでパーソナルストレッチを受けたお客さまから聞くお声として、

『自分でストレッチするよりもしっかり伸びる』

『なんかつまり感があったところが良くなった』

こんな言葉を言っていただくことがあります。これはKOKACAREのストレッチに秘密があるんです✨

 

今日はこのストレッチの秘密の3つ目である

筋肉の緊張をとる

このことについて詳しく書いていきたいと思います。

ストレッチとは「stretch」と英語で言うように「引き伸ばす」という意味があります。これはKOKACAREストレッチの秘密の1でも紹介しました。

 筋肉というのは、骨と骨を繋ぐ筋線維というものでできており、その筋線維を物理的に引き伸ばしていくのがストレッチということです。

では、こんな筋肉だったらどうやって伸ばすでしょう?

これは僧帽筋という筋肉で、首から肩、背中にかけてついている筋肉です。

この筋肉はどうやって伸ばすと思いますか?

勿論首を傾ける、これだけでも伸ばすことが出来ますが、全部の筋肉を伸ばせるわけではありません。首を傾けるだけでは、僧帽筋の上のほうの部分しか伸ばすことが出来ません。

KOKACAREではこうやって、一般的には伸ばせない筋肉を『筋リリース』という手法で、伸ばすことで、自分で伸ばす時よりもより効果を感じていただけることが出来ているんです。

 

もう1つのポイントは筋肉の緊張です。

皆さん足がつったことはありますか?

足がつった時は、そもそもその筋肉を伸ばすまでいかない状況だと思います。

なぜなら、足がつるというのは、筋肉の緊張が起こっている状態だからです。実は、私達の筋肉はいたるところで、この筋肉の緊張が起こっています。

筋肉の緊張が起こると、その筋肉をいくら引き伸ばしても、伸ばすことが出来ないんです。

イメージで言うと、輪ゴムをピンと張った状態から、もっと伸ばそうと思っても伸ばせない。そんなイメージです。

自分でストレッチをしている時に

『なんか全然伸びている感じがしないな~』

そう感じる方は、そもそも筋肉が緊張状態にあるのかもしれません。

KOKACAREでは、『筋リリース』という手法で、まず筋肉の緊張をとり、緊張の取れた筋肉をストレッチしていきます。

それによって、自分でやるよりも筋肉がしっかり引き伸ばされ、身体が整い、痛みの改善や、身体が軽くなった状態になるのです。

 

筋肉の緊張をとる『筋リリース』、そしてそこからのパーソナルストレッチ、今までのストレッチのイメージが変わるかもしれません😊

是非、体験してみて下さいね♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

大須スタジオ

2020年2月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
×
29
2020年1月

最近の記事

PAGE TOP